オーバーホールとは器材の分解、修理、検査をする事です。オープンウォーター講習で、100本に1回または1年に1回出すと良いと説明があったと思います。
オーバーホールの作業工程は?
オーバーホールとは何処までするものなんでしょう?

簡単に手順を説明しますと、

分解

洗浄

組み立て
メーカーから指定されているオーバーホール時の交換パーツO−リング、シート傷ついているパーツなどの交換

器材の設定(メーカーから指定された数値にする)

水漏れ検査
このような手順で行います。

何処でオーバーホールしても同じ?
・・・ではありません。
「お客様の安全、安心のために・・・」当社が自慢できるシステム、設備を、他の業者と比較してもらえるように説明致します。(文中赤文字)

実際のオーバーホールの工程をご説明します。
↓↓↓
1.受付


▲戻る
オーバーホールセンター